普段はできないようなアブノーマルなプレイも試せるセフレができた

彼女とのセックスもなんとなくワンパターン化してきて、そろそろ飽きてきていました。

僕の彼女はいわゆるマグロというやつで、僕が一方的に触ったり、舐めたりという感じで、彼女のあそこが準備万端になったら、あとは正常位で挿入して終わりというのがお決まりのエッチでした。

僕は、もともとフェラチオしてもらうのが好きなのに、彼女は僕がちょっとでも大きくなったあそこを彼女の口元に近づけようとすると、イヤな顔をしてすぐ機嫌が悪くなってしまうんです。

これでは、フェラチオどころか、普通にエッチすることも拒まれてしまうので、何としてでも射精だけはしておきたいので、彼女の機嫌を損ねるようなことはしないようにしています。 「普段はできないようなアブノーマルなプレイも試せるセフレができた」の続きを読む…