細身でキレイ系の人妻久美子との濃厚なエッチ

俺は35歳独身、彼女あり。彼女とは、付き合い始めてもう5年目になります。そろそろ結婚も考えないとなとは思ってはいるのですが、独身生活の自由さや気楽さを捨てるのに、まだ躊躇しています。仕事は、ごくごく普通のサラリーマンで、もらった給料は今のところ全部自分の自由に使えるし、結婚して、今さらおこづかい制なんかになるというのも、なんとなく不自由になるということで、気が進みません。
こんなモヤモヤな気分をスッキリさせたいと思って、出会い系サイトで女の子を探してみることにしました。
使ったサイトはPCMAXです。実は、これまでも時々、このサイトにはお世話になった経験があります。面倒なことは抜きにして、すぐに出会いたいということで、またPCMAXで探すことにしました。一度でも実際出会えてしまうと、もう他の出会い系サイトに変える気がしなくなってしまいますね。それくらいオススメの出会い系です。
今回は、性欲解消だけでなく、気持ちもスッキリさせたいので、ゆっくりとエッチできるような女の子を探してみましょう。
サイトの中には、色んな女の子がいます。とにかく短時間でさくっと会いたいという女の子、挿入はダメという女の子、キスは嫌だけどそれ以外は何でもOKという女の子など様々です。
その時の気分に合わせて女の子を探すのがポイントです。
今回はゆっくりまったりホテルで濃密なエッチができそうな女の子が希望です。
女の子が投稿している募集掲示板を探すのもありですが、早く逢いたいので、掲示板に自ら投稿してみることにしました。
「ホテルでゆっくりエッチできる女の子募集します。会ってる間だけ恋人気分でイチャイチャしましょう。」
こう書き込んでみました。
まったく何をしてるんだか、俺は。と自分でもあきれてしまいつつも、出会い系はついついハマってしまいます。
ホントに会えちゃうからでしょうね。
そしてこの時もメールが来るのを期待しながら、待つこと数十分。メールが来ました!
「はじめまして。久美子といいます。結婚してるけど大丈夫ですか?旦那とはあんまり上手くいってなくて。」
最初は、人妻かぁ、とちょっと引き気味だったんですが、一緒に送られてきた画像を見てすっかり食いついてしまいました(笑)
モデルっぽい雰囲気のキレイ系の美女だったからです。髪はロングの黒髪ストレートで、とても不倫をしそうな感じには見えません。
これは絶対逃してはならんと、すぐに会う約束を取り付けました。
あるコンビニで待ち合わせをして、そこから車でホテルに行くことに。
ちょっと早めにコンビニに着いてしまい、あんな美人とイチャイチャできるなんてなぁとニヤケつつ待ちます。
すると、久美子らしき女の子がこっちの方をチラチラ見ています。車から手を降ってみたところ、久美子はニコっと微笑んで、こっちに来ました。
「はじめまして、どうぞ乗って。」と久美子を助手席に乗せて、ホテルに向かいました。
ホテルに着くまでの20分間は、久美子の結婚生活の愚痴というか、人生相談みたいなトークで盛り上がりました。久美子も俺と同じ歳ということが判明して、親近感が湧いてきます。
久美子は29歳のときに、職場で出会った2歳年下の男性と結婚したんだそう。しかし、その後すぐから、旦那が浮気を繰り返すようになったんだとか。それ以来、夫婦生活もまったくなく、ケンカしてばかりなのだそう。それで、出会い系で甘えられる相手を探してて、俺を見つけたということでした。
ホテルについて、まずはソファーに座り、ちょっとまったりしながら、イチャイチャします。出会ったばかりだというのに、すっかり恋人気分です。久美子の方から、俺の肩にもたれかかってきます。それに答えるように、俺は久美子を肩からグッと抱き寄せました。肩に置いた手で、優しく肩から首筋付近をさすってちょっといやらしいムードに持っていきます。耳たぶのあたりをそっと指でなぞるように触れてみると、久美子からなんとも言えないいやらしい声が漏れました。さっきまでの普通に会話していたときの声とはまったく違う湿った声です。キレイ系の女の子は、このギャップがたまらないんですよね。このギャップが俺の股間を刺激します。耳に触れながら、軽くキスしました。久美子の方も積極的にキスを返してきます。俺はうれしくなって、舌を絡めてディープキスに移りました。舌が絡み合う音が部屋に響いて興奮します。このまま押し倒したいところですが、まずは一緒にシャワーを浴びることに。
お互いの服を脱がせ合います。裸になって、浴室に入り、洗いっこです。久美子の肌は白くて美しく、オッパイのハリもまだ20代前半といった感じでしょうか?とても俺と同い年とは思えません。そんな肌に泡を付けた手のひらで隅々まで触れていきます。オッパイも泡でいやらしい感じで洗います。乳首に触れるたびに、久美子は「はうぅ」と感じて声を出します。もう俺は完全に勃ってしまっていて、先っぽが久美子の体に当たってしまってました。久美子はそれに気づいて、ニヤケつつ、竿に泡を付けてマッサージし始めました。しばらくしごかれていると、射精してしまいそうになったので、早々にベットに移動します。
再び、ディープキスから始め、首筋から乳首、脇まで愛撫し、アソコを触って、愛液を確認します。久美子もかなり興奮しているようで、ビチョビチョに濡れていました。もう挿れようか迷いましたが、さきにクンニして味わいます。きれいなピンク色の久美子の恥部は、とてもおいしくて、穴の奥まで舌を入れて味わいました。
そして、そのままシックス・ナインに移ります。久美子のフェラはすごく上手でした。これでは発射してしまいそうなので、もう挿入へ。
久美子の恥部に俺のアソコを当てて、一気に押し込みます。久美子は一瞬苦しそうな表情をしましたが、すぐに表情が和らいで、気持ち良さそうです。しっかりと抱き合いながらディープキスをし、正常位でフィニッシュしました。早い?
そうなんです、この時、ものの5分くらいで発射してしまいました。



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト

コメントを残す