名古屋の既婚者とセックスフレンドに。

hame20130823_0055

元々、出会いのない僕は、友達に合コンなどに誘われる機会もなく、いつも一人で悶々とした日々を過ごしていました。

20代も後半になり、そろそろ彼女の一人や二人くらい出来てもいいのに、学生時代以来、全く出来る気配がありませんでした。

 

正直、出会い系についても、「サクラばっかりで金を取られるだけだろ」と思っていたので、期待はしてなかったのです。

 

でも、ある日いつものように、くだらないまとめサイトの記事を読んでいる時、魔が差したのか?PCMAXという広告バーナーをクリックしたのです。

 

いわゆる出会い系サイトです。正直、本気で出会えるとは思っていませんでした。

でも、当時の僕は、わらにもすがる気持ちだったのですね。

たくさん機能があって最初は迷ったのですが、最新プロフィールをチェック、という機能があったので、そちらを見てみると、

10代後半の大学生から30代後半の主婦までがズラリと並んでいました。

 

その中で、一人でも返ってきたらいいや、という投げやりな気持ちでメールを送っていきました。

 

返事が返ってきたのは、30代前半の既婚女性でした。顔写真は載せていませんでした。

彼女は、名古屋の人で、僕はその近隣の県に住んでいます。

元々は、独身でカノジョになれるような女性を探していたのですが、せっかく返信が来たのに返さないのはもったいないな、という気持ちで最初はお返事させて頂きました。

 

挨拶もそこそこに、趣味は何か、とかお勧めの観光スポットの話などで盛り上がり、

彼女はとても返信が早かったので、僕もついつい、仕事の合間にチェックして一生懸命返していました。

 

「旦那がまったく構ってくれなくて、寂しい」

「夫婦の間では、ほとんど会話がない」

そんな話をたくさん聞くようになりました。

彼女の話では、ネットで知り合った既婚女性たちは、みんな出会い系でカレシを見つけるそうなんですね。

不倫ではなくて、カレシ・・・というのが、なんだか彼女の心の寂しさが伝わってくるようでした。

 

そうして、1ヶ月もメールを続ける内に、彼女の方から、

「今度の週末なんだけど旦那が出張で家にいないから、会わない?」といった誘いがやってきました。

 

正直、戸惑いもありました。もちろん、彼女はとても素敵な人だし、会ってみたい、そしてあわよくば一緒に朝を迎えたい・・という下心もありましたが、

 

僕が心配したのは、彼女が離婚するとか言い出したらどうしよう、ということでした。

 

これから独身女性との婚活を考えている僕としては、下手に重い話を持ってこられても困るんですね。

ライトで楽しく、ぶっちゃければ遊びたいのです。

 

彼女に、そのあたりのことはソフトに伝えたところ、

「私も、したくて仕方ないだけ。旦那は高給取りだし、別れるつもりはサラサラない。でも、刺激がほしいし、夜の生活に満たされてないのよ」

 

との返事だったので、「これなら、会っても大丈夫かな」と判断し、会うことにしました。

 

と、今振り返ると冷静に過去の自分を見ることができますが、

当時の気持ちとしては、「会いたい、ヤりたい!」の気持ちが勝っていたので、たとえリスクがあってもきっと会っていたでしょうけどね。(笑)

 

そうして、待ち合わせたのは、名古屋の有名な待ち合わせ場所。

 

彼女の写真は一応見たことがありましたが、実際会うのとは全然違うと聞いていたので、少し不安にも思っていました。本当に現れるのか・・?とも。

場所に着くと彼女から電話がかかってきたと思ったら、携帯を片手にこちらに歩いてくる女性が。

 

「○○さんよね?」

 

初めて実際にお会いする彼女は、うすい花柄のワンピースを着た、綺麗な女性でした。

上品で清楚な雰囲気で、とても「性欲をもてあましている」女性には見えませんでした。

 

そして、年齢より若く、20代後半といっても十分信じられる容姿でした。

 

彼女は僕に会うと、「ゴハン食べてから・・いこっか」と意味ありげな笑顔で言いました。

もうその時点で、僕の興奮はすでにMAXです。

彼女にすべて上手に誘導されるように、おすすめのレストランに入り、味も分からないまま食べて、気づけばデザートまで一緒に食べていました。

 

お金は僕が全額出そうと思ったのですが、制止され、

「このあとの・・は、おごってもらうから、ここは私が払うよ」

と言われました。

 

このあとって、つまりそういうことですよね?と心の中で生唾を飲み込む僕。

 

ホテルに着くと、そそくさとシャワーを浴びに行く彼女。

バスローブに着替えた彼女は、とても妖艶でした。

「本当に、いいの?」

チキンな僕が確認すると、

「うん。してほしい・・」と言いキスをしてきました。

 

そのあとは貪るようにキスをし、夢中になって彼女を押し倒しました。

久しぶりに女性を抱く・・ということで興奮し、彼女もすでにしっとりと濡れていたので、

前戯もそこそこに挿入しました。

彼女も、ずいぶん久しぶりだったようで、大きな声であえぎ、「もうだめ・・だめ・・」と言いながら、いってしまいました。

 

その後も、興奮が収まらなかった僕は、次はたっぷりと愛撫をして彼女を手でいかせ、2・3度彼女の中で果てました。

 

彼女も、相性がよくとても気持ちよかったようで、あの日以来月に1度は名古屋に呼び出され、ホテルでセックスを楽しんでいます。



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト

コメントを残す