佐賀のカーセックスの穴場でドキドキしながらの中出しセックス

hame20130823_0085

 

次の日が休みにもかかわらず、特に予定のなかった俺は、出会い系サイトのPCMAXで遊び相手を探していました。
だいたい、予定のないヒマなときには、このPCMAXで女の子を探して遊ぶというのがいつものパターンです。
会える女の子はすぐに見つかることもあれば、数時間かかることもあります。でも、9割方、必ず会えているので、とても便利なサイトだと思います。もし、会えないというときでも、女の子の日記や画像なんかを見てヒマつぶしできるし、メールのやりとりや電話でおしゃべりしてヒマつぶしすることもできます。ときには、ちょっとエッチな電話になってしまうこともあります。いわゆるテレホンセックスっていうやつです。これが意外と、一度やってみるとハマってしまいますので、まだ経験していないという人はぜひやってみてください。

で、話を元に戻します。
この日はとりあえず、遊び友達の募集ということで、掲示板に書き込んでみました。
内容は、「32歳独身です。明日休みだけどヒマしてます。今から一緒にドライブでもしながら楽しく過ごしませんか?」
と、こんな感じで書き込んでみました。
もちろん、最終目標はセックスです(笑)あくまで目標ですが。
でも、男ならこう考えるのも仕方ありませんよね?
夜中にドライブして、おしゃべりだけして帰るなんてもったいないです。
それなら、直接、セックスフレンド募集ということで、書き込んだ方が早いんじゃないかと思う人も多いでしょう。
もちろん、その方が話が早いし、確実にセックスできます。
俺も、すぐしたいという時には、そうやって募集して、女の子と会っていました。
でも、でもですね、とりあえず、遊び友達ということで募集して会った女の子とセックスするというのが、さらに興奮をそそるんんです。
こういう遊びができるのも出会い系の楽しいところだと思っています。
男の狩猟本能を満足させる遊びと言ってもいいかもしれません。

書き込んだ時間は9時くらいだったからか、すぐに女の子から反応がありました。
「こんばんは。22歳フリーターです。寝ちゃうにはもったいないなと思ってたら書き込み見つけましたよ。ドライブ連れてってくれますか?」
さっそく返事をしました。
「メールありがとう!今から迎え行けるけど、どこまで来たらいいかな?」
すぐに待ち合わせにこぎつけようと、必死になってしまった感が出てしまって、ちょっと不安でしたが、ちゃんと返事がきました。
「じゃあ◯◯の第3駐車場はどうですか?歩いて行きます。」
待ち合わせまで話が進んでひと安心です。
「じゃあ20分後くらいでいいかな?」
「はい、お願いします!」
とやりとりをして、待ち合わせ場所に向かいました。
このあたりでは一番大きなショッピングモールの駐車場で待ち合わせです。
駐車場はたくさんありますが、第3駐車場は少し離れたところにあるので、比較的車も少なくて、待ち合わせで迷うこともないでしょう。
駐車場に着くと、待ち合わせの女の子らしき人影がすでにあります。もし違ったらいけないので、怪しまれないくらいの距離に近づいて車を停めました。そして、サイトからメールをしました。
「今着いたよ。黒い四駆の車。」
女の子はスマホを見ています。気付いたようで、こっちを見て、近づいてきます。
「こんばんは~、PCMAXの男性ですか?」
「そうです、どうぞ乗って乗って。」
女の子は車に乗り込んできました。
そして、そのまま出発しました。
「とりあえず適当に走らせていいかな?」
「はい。」
「夜景がきれいなとことか行ってみる?」
「いいですね~、行きたい!」
で、車を走らせながらおしゃべりです。
30分くらいで、夜景スポットに到着しました。
他に車が2台ほど止まっています。

まずは、車から降りて夜景を楽しみました。
ちょっと肌寒かったので、どさくさに紛れて手を握ってみました。
すると、女の子も握り返してきたので、ちょっといやらしい感じで指を絡ませてみます。
その状態でしばらく夜景を眺めていました。
さっきまではずっとしゃべっていたんですが、手を握ってからはお互い無言になりました。
手の感触だけで会話している感じです。
「車に戻ろうか?」と聞いて、手を引っ張り、車内に乗り込みます。
そして、女の子の目を見つめて、一応、表情で確認し、そのままキスしました。
女の子は避けなかったので、そのままディープキスへ。
女の子の手が俺の首に来ました。けっこう遊び慣れてるのかな?
そして、舌も絡め返して来てくれました。
長い間、ディープキスは続きました。そのまま胸に手をやります。服の上から大きく揉んでみます。女の子は嫌がらないので、乳首を狙って指で刺激してみます。気持ち良いようで、少し声が漏れます。服のすき間から、手を入れて、ブラの下の乳首を直接触ってみます。
そして、スカートをまくり上げて、パンティーの上からアソコに触れてみました。すでにじっとりと熱く濡れていました。
パンティーの裾から指を入れて、愛液を直接指で確認してみます。
「もうこんなに濡れてるよ。」
と耳元にささやいてみると、女の子は恥ずかしそうにしています。
「後ろの席に行こうか?」
と行って、シートを倒して、移動します。
そのまま女の子を後ろの座席に寝かせて、パンティーを脱がせました。あそこを舐めて味わいます。
女の子はすごく感じているようで、ピクピク反応します。
そのまま口でイカせることにしました。
「ダメッダメ。イッちゃうから。」と女の子は避けようと必死ですが、しっかり腕で押さえて舐め続けます。
「あ~イク、イッちゃう。あっ。」と女の子は叫んで、ぐったりです。
少し休ませてから、いよいよ挿入へ。二人とも上は着たままで、下だけ裸です。
固くなったナニを女の子のあそこにスリスリさせて、焦らします。
そして、もどかしそうな姿を見てから、一気に挿入しました。
ゆっくり腰を動かします。
女の子が抱っこしてという仕草をしてきたので、覆いかぶさるような感じでピストンします。
女の子は腕も足もしっかり俺にしがみついています。
「もう出そう、足ゆるめて、そのまま出ちゃうよ。」
「今日は大丈夫な日だから、このまま出していいよ。なんか中でいっぱい感じたいから。」
こう言われてしまえば、もうそのまま出すしかありません。
一気に腰の動きが早くなり止まりません、そして、そのまま中に射精しました。
女の子の中がピクピクしているのが分かります。
最高に気持ち良いセックスでした。
出会い系だと遊び友達として会っても、こうして最後はエッチな展開になることがほとんどです。

 

 



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト

コメントを残す