マンネリを忘れるため。女として熟女だって遊びたい

hame20130823_0025

私はもう40代前半の熟女といわれる年齢の女です。私には結婚して20年になろうとしている旦那がいるのですが、最近は普段の会話も夜の性活もすっかり冷めてしまってはっきりいってマンネリ状態に陥っています。

夫は作業員をしていて、単身赴任や出張が多いのですが、たまに帰ってきてもなんだか会話もつまらないし夜も疲れてるといってすぐに寝てしまいます。私には息子と娘がいて、彼らがまだ小さかったころは夫がいなくても子育てや家事に忙しくて生活にも張りがあったのですが、彼らももう両方とも高校生になって、部活に精を出して遅くまで帰ってきません。そうすると、私が日中ただ一人で家事をこなしながらぼーっと一日を過ごすことになります。毎日この繰り返しで寂しいし、人生がつまらないです。

夫とも全くといっていいほどセックスをしなくなったので性欲もたまる一方です。一人でオナニーをするのですが、全然物足りません。それでも他の男の人とセックスをするのは夫に悪いという思いがあったのでずっと我慢していました。

しかし、ひょんなことで夫が出張先でデリヘルを利用しているのを知り、夫はわたしのいないところで別の女の子と遊んでいたんだと思うともう我慢できなくなりました。夫がそういうことをしているなら私だってやっていいと思いました。

しかしどうやって他の男の人と出会ったらいいのかわからずにいました。そんな時ある日に友人たちとお茶をする機会があって、自分の夫の愚痴などの話で盛り上がりました。そこで、夫に内緒で出会い系サイトで男を見つけて遊んでいるという悪友から出会い系サイトについて教えてもらいました。

最初は緊張するけど、慣れれば大丈夫だよということだったのですぐにやることに決めました。サイトは、その悪友と同じPCMAXというところにしました。

サイトの掲示板を見るとまずはお食事みたいなピュアなところとHが目的の二つがありました。さすがにいきなりHというのは抵抗があったのでまずはピュアなところから始めました。“人妻熟女ですがお食事ご一緒してください”というタイトルで募集をかけてみると、予想外に多くの人からメールが来ました。こんなに多くの男性から連絡が来るのは悪い気がしませんでした。年齢層も様々でしたが、若い人と遊びたかったので20代の人から選ぶことにしました。数人の中から、けっこうイケメンの写真も載せていてメールのやりとりでもさわやかさが伝わってきた会社員の20代半ばの男性にしました。

夫は出張中で不在、子供たちも部活で家にいないという土曜日に会うことになりました。最近あまりしていなかったので、一生懸命おしゃれして少し緊張しながら待ち合わせのファミレスに向かいました。お店に入って見渡していると、私に気付いたのか軽く会釈してきた男性がいて、お互いに待ち合わせの相手だとわかりました。

彼はさわやかで結構女性の扱いにも慣れているような感じでした。私が改めて自分が人妻だけど大丈夫ですかと伝えると、彼は自分もいろんな女性と遊んでいるからと言っていました。私は恋愛を迫ってくるような人は求めていなかったので割り切った関係になれそうで良かったです。年は少し離れていましたが彼はそういうことは気にせずに気軽に話してくれました。初対面なので会話がぎこちなくなってしまうのではないかと心配していましたが、気を遣わずに話せたので良かったです。私が、家庭での愚痴などを言っても嫌がらずに聞いてくれて、共感したり時には笑ってくれたりしたのでその場が心地よかったです。あと、お互いに喫煙者だったのでタバコの話でも盛り上がりました。自分のタバコを交換して吸ってみたりしていました。

 

今回は、日常の嫌なことを忘れて若い男の人と楽しく食事ができてよかったです。彼は大学を卒業して就職してまだ5年の人でしたが、そんな若い彼が私を女として見てくれた感じだったのでとてもうれしかったです。だいぶそういう風なときめきから遠ざかっていたんだなあと実感しました。今回は一時間半程度の食事でしたが、彼とは気が合うと思ったし、今度会うときはもっと長い時間一緒にいたいと考えていました。そう彼に伝えると、彼もそう思っていたということで次回は時間をとってお酒を飲みに行くことになりました。次回はどんな風なるのか想像しただけでわくわくしてしました。お酒が入ったその後は・・・ということもちょっと考えてしまいました。私もお酒が入っちゃうとどうなるかわからないけど、でも彼とだったらとも思っています。彼は清潔感があるし、女性のことをよく知っているようなので抵抗はありません。恥ずかしながら彼にちょっと好意をもっているみたいです。

出会い系で会ったイケメンの彼とお酒を飲みに行くことになりました。彼はさすが女性と遊びなれているだけあってチョイスしたお店もオシャレでした。ちょっと高級なフランス料理店でした。普段の私は旦那、子持ちの普通の主婦なのでこういう場所に来ることはまずなく、ちょっと緊張気味です。彼の恰好もまたオシャレで、紺色のジャケットなんかかなりかっこよかったです。いけないことをしているというのは分かっているのですが、こういう男性と秘密で会うっていうのはやっぱり楽しいしドキドキしちゃいます。おいしい料理を食べながら、ワインと会話が進みます。彼は話し上手で、もう家庭での悩みなんか吹っ飛んでしまうほど楽しい会話をしてくれました。いつもはけっこうまじめに家事にいそしんでいる私ですが、やっぱり潜在的に男の人と遊びたいという性質があるようです。昔遊びまくっていたころの感覚がうずいてきました。セレブ気分?を味わいながらお酒もどんどん飲んで下ネタも全然気にならなくなりました。むしろ積極的にその話題に乗っかってしまいました。だいぶ話をして、彼も私のそんな雰囲気に気付いたのか、「じゃあ、そろそろホテルに行きましょうか?」とあっさりスマートにお持ち帰りされることになってしまいました。

 

ホテルに向かう途中、私はすっかり酔っぱらってしまってもう人目もはばからずに彼に寄りかかりながら二人で歩いていました。彼へのボディータッチもかなり積極的になっていた記憶があります。彼も「エロモードが発動したみたいですね。」なんて半ばあきれていたかと思います。夫は朴訥な人でこういうのを嫌がるのでその反動もありました。

 

ホテルに入ったらさっそく私の方から彼に覆いかぶさって彼にキスをしました。普段我慢していたものが爆発して彼が驚いた表情をしているのも構わずに立て続けにキスをしました。お互いに酒臭かったしタバコ臭かったけどそれもまた刺激を高めてくれます。自分を女として扱ってくれる彼を離したくなくて、きつく抱きしめながら激しいキスをしました。彼の性欲を高めて、いつまでも私との関係を続けて欲しかったからかな?と思います。やっと私から解放された彼は口紅まみれになっていて「○○さんすごいですね。」とあっけにとられていました。おそらく私ほど積極的な女性には彼も会ったことがなかったでしょう。私も若ければここまでやったとは思いませんが。

 

キスが終わったところでシャワーを浴びました。風呂場でもキスをしながらお互いの体をあらいました。彼も性欲が高まってきたみたいで洗ってあげるとちんぽがビンビンに勃起していました。人妻なので、やはり自分の夫のモノと比較してしまいます。夫のよりも彼のモノの方が大きいし元気だったので内心喜んでいる自分がいました。まだ残っているお酒の影響もあったのか彼のちんぽを洗っていると無性にしゃぶりたくなってしまい、フェラをしました。一度しゃぶりだすと止まらなくなってしまい、彼が必死で止めるまで夢中になってしまいました。でも彼が「すごく気持ちよかったです。」と言ってくれて、今までフェラで褒められたことがなかったのでかなりうれしかったです。

 

ベッドに入ったら今度は私が責められました。Hの時、男性はたいてい挿入のことを考えているし、前戯も雑な人が多いのですが彼の前戯は最高でした。焦らすのがうまいんです。乳首とかクリトリスのような敏感な部分をわざと外したところを丁寧に舐めて、私が舐めてほしいと思った時を見計らって舐めてきます。これはいきなり敏感なところを責められるよりも数倍気持ちよくて、おまんこもどんどん濡れてしまいます。私が気もちよくてあえぎ声も大きくなってくると、クリトリスを激しく舐められてイカされてしまいました。前戯で20分くらいかけられたので相当気持ち良くなってしまい、自分でも恥ずかしいくらい感じていたと思います。彼はHでも女性のことをよくわかっていて、また惚れ直してしまいました。やっぱりどういうHをしてくれるかで男性の価値も上がると思います。一回イカされた後にちんぽが欲しくなってしまい、「ちんぽ欲しい。入れて!」と彼に頼みました。彼のちんぽを舐めて最高まで勃たせた後、正常位でセックスしました。彼の立派なちんぽが奥まで入ってくる度に痙攣するほどすごい快感が襲ってきて気持ちよくてどうしようもなくなってしまいました。彼も気持ちよさそうな顔をしてどんどん突いてきました。二人で抱き合いながら絶頂を迎えました。コンドームにすごい量の精子がたまっていて、満足感でいっぱいでした。正直こんなに気持ちいセックスはしたことがありませんでした。その後、彼も「○○さんとは会話も楽しいし、セックスの相性も最高!」と言ってくれて今でも愛人のような関係を続けています。夫や子供にばれないように、秘密の関係を持っているのはなんだか興奮します。素敵な彼との出会いのきっかけをくれたPCMAXに感謝です。私はまだ女として現役です。



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト

コメントを残す