都内で経営者の30代男性と友達として会って食事しにいきました。

13311316_218x291

私は関東にすむ20代女です。普段は都内でOLをしています。

あんまり男友達もいないので未だに男性との距離感が掴めません。
苦手意識が強いままで今まできたのでこんな感じなんです。
友達にもこれはちょっと・・・みたいな感じらしくよく言われます。
でもこのままだとヤバイと思って友達に相談したところ、友達がPCMAXを教えてくれました。
「まずはいろんな人と話していたらいいんじゃないの?」というアドバイスをうけ
PCMAXをその日から早速使ってみることにしました。
プロフィールを書いて写真を投稿してから1時間経ってからメールを開くと、
何人かの男性からメールが入っていました。
「まだ特に何もしてないのに、こんなにきてる。」びっくりしました。
こんなにすぐに反応があるなんて思ってもいませんでした。
普段やっているSNSだって最初登録してすぐにはなんのメッセージも来ていないのに。
10件ほどあるメールを一つ一つ開けていきました。
そういう目的の人が多いのもわかっていましたが苦手な私はタジタジです。
アダルト的な内容が多い中、そこに1通だけ普通の文面のメールがありました。
「あ、この人なら話せるかも。」実際に話すわけでもないので返信することにしました。
どんな人なのか相手のプロフィールを見ると「経営者」と書いてありました。
「社長さんならちゃんとしている人のはず。」
自分の判断だけでは危ないかな、とも思い友達に相談してみると「
何回かやり取りしてみて本当に大丈夫な人か確かめてごらん。」とアドバイスをもらったので数通メールをしました。
そのやり取りの中でわかったのですがその相手は中小企業の社長さんであること、男性はPCMAXでのメール機能を使うにはお金が掛かっていることなどを知りました。
出会い系サイトは初めてなのでそこにはびっくりしました。
二人でしていたメールを通しての会話はこんな感じに進んで行きました。
「普段はなにしているの?」「食べ物は何が好き?」「仕事はどう?」
そんなたわいもない会話から始まり
「この間○○に行ってきたんだよね。」「友達が今日こんなでさ」なんて日常のことも。
会話の中でその人は変わらないままで私は安心したんです。
途中で「連絡先交換する?」って聞かれましたがこの時は丁寧にお断りしました。
でも彼は怒ったり連絡が来なくなるようなことはなく「そっか。まあ心配だよね。大丈夫。」と
言葉をかけてくれました。ちょっと怖かったんですが良かった、とほっとしたのを覚えています。
そうして数週間やり取りしたある日「今度都内に行くんだけどよかったらランチしない?」とお誘いを受けました。どうやら私の働く職場の近くに用事があるんだそうです。
もちろん教えていた場所はちょっと位置をずらしていたんですが・・・。
デートというよりかは友人としてとういうことでの今までの付き合いでした。
一瞬戸惑いましたが今までのやりとりを考えるとそんな怖がることはないと思いました。
だってお友達なんですから。それにランチだからお昼だし。
そうして私は彼と実際に会うことに決め日時と場所を決めました。
会う前日にもあすの確認などを含めてやり取りをしていましたが、「明日平気?大丈夫?」
なんて彼があまりにも心配するので私は思わず
「大丈夫には大丈夫ですけど出会えるか心配です。」なんて。
「たしかにね。会うのは初めてだから。けどまあ、時間的に混んでないしわかるでしょ。」
「そうですね。明日また連絡しますね。」その日はそんな会話で終わったんです。

そして当日私たちは初めて実際に会ったんです。時間になり待ち合わせ場所に現れたのは落ち着きのある一人の男性でした。
「あ、もしかして」「そうです!」意外にすぐわかるものなんですね。思わず二人で笑っちゃいました。
「なんか想像通りなだわ。」「そうですか?」「こっちこそ地味でしょ、俺。」「いや、いい意味で落ち着いてますよ。」
またたわいもない会話をしていました。男友達ってこういう感じなんでしょうか。笑
ずっとメールを使って話していたんですぐに打ち解けられたんだと思います。
今まではこんな風に男の人と話したことはありませんでした。きっと友達が知ったらびっくりです。
何を食べるのか考えて二人でお腹いっぱいにレストランで洋食を食べることにしました。
席につくと彼が口を開きました。
「今日はさ、仕事で都内に来たんだよね。」「そうなんですか」
「うん。実はいろんなところに入金するのにここが便利なんだよね。」「たしかにここ銀行多いです。」
「この間の仕事の悩みは解決した?」「おかげさまで。」なんて会話をしながらのご飯はあっという間でした。
ランチは1時間ほどでした。短い時間でしたが充実した時間でした。
今まで話さなかった話もできたので会う前より仲良くなれた気がします。
お互いに連絡先も交換しました、でもPCMAXでのやり取りももちろん続けます。
そこでしか話さないこともありますからね。
こうやって話せる友達ができて本当に良かった。そう思いました。
お互い仕事があるのでそのあとは別れました。途中まで送ってくれるとのことでしたが、そこは悪いなあと思いつつもお断りしました。
「じゃあ、またね!」「じゃあ、また。」挨拶をして仕事に戻ったんです。
その日は家に帰ってからもやり取りをしました。今日あったことや話したことなどお互いの印象なんかを
改めて話していたんです。文字からや写真からわかっているものの会うと変わりますね、印象って。
「思ったよりサバサバしてた。」「いやいや、そっちだってだいぶ明るかった。」
いつの間にか敬語からタメ口になって話をしている私たちです。
あれからもPCMAX上での掲示板でのやりとりや日記でのコメントを通して話しています。
「今日はここにきています。」なんて彼は日記では固苦しい感じです。
メッセージで突っ込むと「ちょっと真面目なんだから、からかうなよ!笑」なんて返ってきます。
多分これはずっと続くんじゃないかと思います。
さっきも書きましたがここにしか書かないようなこともありますからね。PCMAXに感謝です。本当に。
ついこの間にはお互いの友達を誘ってボーリングにも行きました。こんな風にみんなで楽しく遊びに行けるなんて思ってもいなかったからです。
友達も驚いていました。まさか私に男友達ができるなんて思っていなかったみたいです。
PCMAXを教えてくれた友達は「良かった。良かった。」って言ってくれました。
今は今までにない経験が出来ています。
しかも経営者さんとの出会いがあるなんて。日常生活ではなかなか出会えることなんてないですから。
初めての出会い系はドキドキしましたが、本当に良かった。
今でも彼とは仲のいい友達同士です。
ここまで気の知れている友達っている人少ないんじゃないかな。
プロフィールに関してはやっぱりしっかりと書く事が必要なんだなあと思います。
そうでなかったら
こんな風に今の友達とも出会えていないんです。未だにアダルト的な内容は苦手ですが、徐々に慣れていけたらいいなあと思います。



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト

コメントを残す