宮崎で出会った元小学校教師で人妻のナオコとの出会い

hame20130823_0052

僕は出会い系のヘビーユーザーです。これまで色んな女の子と出会い系サイトを通じて出会ってきました。ホントに色んな女の子がいます。最初は、そんなに出会えないだろうし、運良く会えたとしても、エッチまではむずかしいだろうなと期待していませんでした。ところが、実際に使ってみると、想像してたよりも、何倍もというか何十倍もリアルに会うことができました。もちろん会っても、エッチまではいかなかった女の子もいますが、ほとんどの女の子とはエッチできています。それも、こちらから、無理やり誘うという感じではなくて、女の子の方から積極的に来るというパターンもけっこう多くて驚きです。
出会い系を使う際、僕はひとつだけこだわっていた部分があります。それは、独身の女の子を選ぶということです。なぜかというと、僕は宮崎県に住んでいるんですが、けっこう知り合いに出くわしてしまうことがあるからです。直接知り合いとまではいかなくても、知り合いの知り合いとかいう感じで、どこかでつながっているみたいな出会いもありがちなので、できるだけ、人妻や子持ちは避けるようにしていました。
ところが、先日たまたま出会い系で知り合った女の子がものすごくかわいくて、今、現在、不倫関係を続けています。
その女の子は36歳で、名前はナオコ。かなりの童顔で、最初に待ち合わせして会った時には、女子大生かと思うくらいロリな感じの雰囲気でした。待ち合わせは駅前のとあるファミレスでした。
とりあえずファミレスの駐車場で待ち合わせて、一緒に店の中に入るという予定にしていました。車で待っていると、ナオコは車の方にやってきました。
僕「ナオコさん?」
ナ「そうです。お待たせしました。もう店行きます?」
僕「ちょっと車で話してから入ろうか?」
ナ「じゃあおじゃまします。」
僕「可愛い子が来たからびっくりしちゃったよ。
ナ「そんなことないですって。」
僕はまず最初に女の子をほめることにしています。わざとらしいからと言って、褒めたりしないのは、もったいないです。多少わざとらしくても、やっぱり女の子は褒められるとうれしいらしく、特に人妻の場合には、それがその後の流れを左右すると言っても過言ではありません。これは僕の経験上の話ですが、これまでの出会い体験の中では、褒めるのは確実なテクニックだと思います。
僕「いくつ?メールしてすぐ待ち合わせしたから、何にも聞いてなかったね。」
ナ「36ですよ。」
僕「?」
ナ「36です。
僕「え?ホントに!?てっきり大学生かと思った。」
ナ「そんなわけないじゃないですか~。しかも、元小学校の先生してましたし。」
僕「えっ!先生?ホントに!?信じられない。」
この驚きは演技とかではなくて、ホントに驚きました。見た目の若さにも驚いたし、元先生だということにも驚きです。
しばらく先生ネタで盛り上がり、
僕「ところで、今は何してるの?」
ナ「今は結婚して専業主婦。」
僕「・・・・。」
僕はさらにびっくりしました。
不倫はしないと決めていたんですが、ここまで仲良くなってしまったら、今さら元には戻れません。元先生で人妻のこのナオコをなんとか抱きたいという気持ちがどんどん湧いてきました。
僕「じゃあさ、あんまり人に見られたらやばいよね?こうして男と話してるとことか?」
ナ「まあそうですね。」
僕「家来る?家でピザでもとって食べようか?」
ナ「いいですね~。一人暮らしの男の人の部屋行ってみたいかも。今日は旦那は夜勤だから遅くなっても大丈夫だから。」
ということで、店には入らず、僕の家に移動することになりました。
僕「どうぞ~入って入って。」
ナ「おじゃまします。」
人目についたらやばいという口実とはいえ、男の家に来たということは、女の子にもそれなりに覚悟があるはずです。もちろん、ナオコもそのはずでしょう。とはいえ、お腹もすいたことなので、まずはピザを取りました。
そして、届いたピザを二人で食べ終わり、もう話もひと段落して、まったりタイムです。
僕「結婚してるのに、なんで出会い系してるの?」
ナ「なんかさみしくなるっていうか、時々、ギュウってされたくなるの。」
女の子がギュウってされたいって言ってきたときは、ほとんどOKサインだということを、僕はこれまでの経験で知っていました。ということで、ここからは流れのままに進むことに。
僕「ギュウってしてあげようか?」
ナオコは照れて、黙っています。僕はナオコの後ろに回って、後ろからギュウっと抱きしめました。
僕「どう?」
ナ「なんかドキドキするね。」
そして、ナオコの首筋に唇を当てて、ナオコが嫌がらないのを確認します。ナオコはじっとしたまま、避けません。
僕「なんか体が熱くなってきてるよ。」
ナオコの首筋に舌を這わせて愛撫を始めました。ナオコはビクッと少し反応しますが、嫌がっている感じではありません。そのまま愛撫を続けていくと、ナオコからいやらしい声が漏れました。その声を塞ぐように、唇にキスをします。ナオコはキスがしやすいように、こっちに体を向けました。
あとは、流れのままに、エッチ開始です。
ナオコのおっぱいは顔に似合わず、Dカップくらいありそうなハリのあるおっぱいでした。白くて透き通っています。
乳首を愛撫すると、大人っぽい声で喘ぎます。
そして、パンティの中を確認してみると、すでに濡れています。
人妻ということもあり、きちんとゴムをして挿入することに。
どこで覚えたのか、ナオコは口でゴムをつけてくれました。そして、ゴムフェラをしてもらい、いざ挿入です。
ナオコの中は、締まりが良く、感度も抜群で、僕は長く持たずに発射してしまいました。

 

 



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト

コメントを残す