肉食系彼女と真剣交際

僕はごくごく平凡な、30代後半の独身者です。

もうすぐ30代前半の女性と結婚予定なのですが、その時の出会いについて書きたいな、と思い筆を執りました。(実際にはキーボードに手を置きました、ですね)

 

元々、友人からは堅物といわれていて、母親はお見合い写真を何枚も持ってくるのですが、「自分で探すからいい」と大見得を切ったのが、30代半ばの頃。

女性に興味はもちろんあるのですが、過去の彼女たちには「冷たい、ドライ」と言われては別れた経験があります。そうしてここ4年ほどは彼女ナシの生活をしていました。

 

だんだん、30代も後半にさしかかると、出会う機会も減り、友人達はみな幼稚園や小学生の子供を抱えるようになっていました。

自分は収入が割と良いほうなのですが、収入目当てで結婚を迫られるのも嫌だ・・ということで、お見合い等はしたくなくて悩んでいました。理想が高かったんですかね、僕。

 

また、今までは独身を謳歌していて、女性がほしくなればお金で・・なんていう生活をしておりましたが、そんな日々も空しくなってきた頃。

 

人生初めての出会い系に手を出したのです。PCMAXという名前のサイトで、男性は有料ですが、僕にとってははした金です。(実際、お見合いサイトなどはもっと高額でぼったくりのところが多いのですが、ここは良心的な値段設定でした)

婚活、お見合いといった強い縛りがないし、会えたらラッキーくらいの気持ちでしたね。

 

実際始めてみるとアダルトな目的の人も多いようでしたが、僕は真剣そのもの。プロフィールも真面目な文章で固めました。

 

・・可愛い若い女の子と遊べたらいいな、なんていう下心が全くなかったわけでは、ないんですけどね。男の性ですかね。

 

やはり30代後半という年齢のせいなのか、メールが来るのは30代の女性が多かったです。驚いたのは、人妻が結構いたこと。

旦那さんに構ってもらえず寂しくて、いわゆるセフレを探しているとかでした。

僕は、あまり人妻に関心がありません。リスクが高いし、ただ遊ぶだけならお金で出来る縁の方が楽でいいからです。

 

ということで、人妻は除外し、あまりに若い子・・10代後半などもサクラかもしれないと対象外にして、20代半ば~30代半ばの女性にしぼってメールをしていました。

 

その中で、積極的にメールしてくれたのが、同じく神戸に住む30代前半の女性。(僕は転勤の関係で現在神戸に住んでいます。生まれは愛知・・いらぬ情報だったかな)

写真は色白でどちらかといえば中の上、きれいめなタイプの人でした。

 

彼女も出会い・・主に結婚を前提としたお付き合いできる相手を探していること、年齢も同じ30代だし、誠実そうなプロフィールに惹かれた・・と話してくれました。

 

僕も彼女の真面目で丁寧なプロフィールに好感を持っていましたから、積極的にメールをしたのを覚えています。

 

まだ知り合って2週間も経たないうちに、彼女の方から「一度会いませんか?」と言われました。

彼女曰く「出会いというのは鮮度が大事だし、いくらメールで気があっても、実際に会ってみないとフィーリングが合うかどうかは分からない

とのことでした。

 

いやぁ、肉食系女子っていうのは彼女のことですかね。

そこで、よしきた、と思ったわけなのですが、彼女の提案はこうでした。

 

「初めて会うのに1対1だと少し怖いので、2対2でお食事しませんか?

と、なるほど、そのあたりは賢いというか、しっかりしてるのだなぁと感心する僕。

 

「いいですよ」と返事をし、・・あとで彼女に怒られたのですが、独身の友人がいなかったため、既婚者の友人を連れて行きました。

 

といった経緯で、年齢相応の、小洒落た居酒屋(彼女指定 苦笑)にて、飲み会が始まったわけです。

 

実際に見る彼女は、目がキラキラしていて、メール以上に積極的な女性でした。僕のことを気に入ってくれたらしく、気づけば僕の隣でお酌をしてくれました。

 

「こんな風に出会い系で男の人と知り合って、よく飲み会してるの?」と聞くと、

「うん、実はね-。でも、○○さんみたいな素敵な男性と会えたのは初めて」との返事が。

リップサービスに、心地よさと一抹の不安を感じながらも、僕は彼女の押しにぐいぐい負けて・・気づけばホテルにいました。(笑)

 

彼女は、セクシーなランジェリーを身につけていて、僕の体を丁寧に愛撫してくれました。酔いもあってなかなかたたないだろうと思われていた僕の息子は、あっという間に最大級になっていました。

「セックスの相性も大事だと、私は思ってるの」

そう言って僕の上に乗ると、気持ちよさそうにストロークする彼女。なんだか夢のような一夜でした。

 

その後、交際を申し込んだのは僕の方ですが、正直「軽い女かもしれない」という気持ちが強かったです。結婚までは考えられないかな、と。

 

でも彼女は、「お互い出会い系で知り合ったし、私のこと信じられないかもしれないから私の携帯はいつでも見てくれていいから。もちろんサイトも辞めた」と、すべて僕に開示してくれました。

 

また、毎日のように家事を手伝いに来てくれて、意外に尽くし系の通い妻となり、気づけば僕の方からプロポーズしていた・・という次第です。あ、プロポーズさせられた、が正解かな?

 

そうして、来月に彼女は正式に僕の妻となります。

披露宴では、「友人の紹介で知り合った」と言ってもらうのは間違いないですけどね。(笑)



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト

コメントを残す