彼がイクだけのエッチに不満で始めた出会い系で、ホントに気持ち良いエッチを知りました

hame20130823_0012

最近、刺激が足りない毎日。彼氏はいますが、お決まりのパターンのデートばかりでつまらない。お決まりのパターンというのは、彼が、週末にわたしの部屋の遊びに来て、一緒にご飯食べて、テレビ見て、ダラダラしつつ、あとはエッチして寝るみたいな感じ。
そのエッチも、最近ではマンネリ化してて、キスして、ちょっとオッパイを触ったら、あとはすぐ挿れるだけという流れ。わたしはイカせてもらえないまま、彼だけがイッテ、終了ということがほとんど。

この前なんかは、どうしても我慢できなくて、彼が果てた後に、「わたしもイカせて」って恥ずかしかったけど頼んでみたんです。でも、彼は、「また今度ね、今日か疲れてるから」と言って、背中向けて寝ちゃったんです。
そんなのないよってすごく切なくなりながら、自分でアソコを触ってオナニーして、自分で慰めたんだけど、イッた後にむなしくなって、ちょっと泣いちゃいました・・・。

そんなわたしの気持ちもつゆ知らず、彼は満足気に気持よく寝てるんです。
わたしは今年で30歳、どうやら女は30過ぎると性欲が強くなるって、雑誌で読んだんですが、それって当たってるみたいです。
自分でオナニーすることなんて、なんとなく罪悪感もあったし、気持ち悪い気がして、今までしたことなんてありませんでした。でも、今では、こんなふうに彼氏が寝ている横でオナニーできちゃうくらいの性欲で困ってるくらい。

わたしも気持ち良くなりたいなあと、ネットでエッチなサイトを検索するようになりました。そんなあるとき、PCMAXという出会い系サイトの存在を知りました。
出会い系=詐欺、ダマされるものだという認識だったわたしは、このPCMAXのサイトを見てちょっと目からウロコでした。
なぜかっていうと、このPCMAXは、出会い系っていう感じよりは、mixiみたいな感じの雰囲気のサイトだったから。色んな人とコミュニケーションを楽しむッて感じのサイトでした。最初見たときは出会い系とは分からなかったくらい。わたしだけかな?きっとPCMAX使ってる女子は、あまり出会い系サイトって意識しては使ってないと思います。
なので、わたしも軽い気持ちで使ってみることにしました。
最初は、mixiみたいに、軽い交流を楽しんでました。暇な時にちょっと、「今ヒマ~」って書き込みをすると、すぐにいろんな男性から、メッセージがもらえるから、すごく楽しくなってきました。
いやなことを言ってくる人とかも荒らしのような人とかもいないみたいだったので、実際に出会ってみるのもいいかななんて思うようになっていました。
そこで、アダルト目的の掲示板も使ってみることに。
平日は彼氏と会わないので、平日限定で募集してみました。
内容は、「彼氏のエッチに不満です!わたしを満足させてくれる紳士の方いませんか?」という感じ。
そしたら、書き込んですぐメッセージが来ました!
それもメッセージが止まりません!
色んな男性からメッセージが来ました。
その中から、なんとなくピンときた優しそうな男性と会うことにしたんです。
ちょっと衝動的すぎるかなとも思ったんですが、優しくリードしてくれそうだったんで、流されて会うことにしちゃいました。
もちろん秘密厳守ってことで。

相手は47歳でかなり年上です。かなりエッチが上手いとのことで、期待して会うことに。
待ち合わせは、近くのローソンの駐車場まで来てもらいました。
車はシルバーのセダンで、ナンバーだけ聞いてたんですが、駐車場には車は少なかったので、迷うことはなく、すぐに分かりました。
それっぽい車に近づいてみると、なんと外車でした。あの有名なメーカーの車です。車に詳しくないわたしでも分かる高い車でした。
運転席の窓が開いたので、軽くおじぎしてみたら、どうぞって助手席に誘導してくれました。
落ち着いた雰囲気の男性でした。
あわてて車に乗り込むと、優しく「ゆっくりでいいよ」って言ってくれました。わたしが緊張してあわてすぎちゃったみたいです(笑)
そのまま車は出発してホテルへ向かいます。
その間も優しくトークで和ませてくれました。ハッキリ言って、ダンディーなイケメンです!
ハンドルを握る手をチラッと見てみると、長くてゴツゴツした指がすごくセクシーです。手と腕に浮かぶ血管にも男らしさを感じました。
エッチにもすごく期待しちゃいました。わたしってこんなにエッチだったかなと自分でも驚いちゃいました。

ホテルに着いて、一緒にシャワーを浴びました。お互いを洗いっこみたいな感じでじゃれ合って楽しかったです。
男性のアソコがわたしの体で反応してるのを見てすごく興奮しました。わたしのアソコからも熱いものが溢れてきているのを感じます。
いつ触れられるのだろうか?とドキドキでした。じらしているのか、浴室では触ってきません。
シャワーを終えて、部屋に戻ろうとしていると、いきなり、後ろから抱きしめられました。
大きな彼の手で胸をまさぐられます。あれよあれよという間に、気づいたらベットの上に抱きかかえられて連れて来られました。
全身を丁寧に愛撫し始めます。わたしはあまりの快感で、あそこから溢れる愛液があまりにも多くて、引かれてしまわれないか心配になるほどでした。恥ずかしくて足を閉じていたら、無理やり開かれて、あそこをじっくりと見られました。あまりの愛液の量に、彼も驚いたようで、「うれしいよ」と言ってくれました。
そして、丁寧にあそこを愛撫してくれます。この時点でもう何度もイッテしまいました。そして、彼のモノがわたしに入ってきます。そこからは、二人とも狂ったように、快感に溺れました。

 



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト

コメントを残す