おじさまと知り合って、同世代の男の子達とはできないような夜の楽しみ方を教えてもらっちゃった

13311316_218x291

あたしは今年で21歳になる女子大生です。そんなに有名な大学ではなく、授業もサボろうと思えば、サボれるので、毎日のように夜な夜な遊んでいました。でも、遊ぶと言っても、友達の家に遊びに行ったり、友達の友達とかも呼んで、飲み会したりとか、その程度の遊びです。彼氏は今はいません。なので、男友達ともよく遊んでいます。でも、同年代の男友達と遊んでても、車もないし、お金も節約しないといけないし、で、そんなにやることもなく、部屋飲みしてて、気づいたら、エッチしちゃってたとか、いうこともよくありました。
男の子ってエッチしちゃうと、もうあんまり気を遣ってくれなくなるから、遊んでてもあんまり楽しくないんですよね。
なので、新しい出会いというか刺激が欲しくて、出会い系に登録してみることにしたんです。それがPCMAXなんです。
PCMAXなら登録したって友達に言っても、出会い系っぽくないから、引かれることもないし、色んなイベントとかあるから楽しそうだったんです。
それで、PCMAXで刺激をくれそうな男性を募集してみることにしました。
ヒマを持て余してた夜に、遊びに連れて行ってくれて、リードしてくれる男性を募集してみたんです。こんなにわがままな条件が出せるっていうのも出会い系サイトだからこそですよね。リアルでこんなこと言ってたら、おまえはバカかって言われちゃいます、きっと(笑)
大学の最後のコマが終わってから募集したので、夕方6時くらいだったんですが、けっこうリアクションがありました。でも、さすがにこれだけ、甘えたメールの内容ということもあってか、おじさまからのメールばかりでした・・・・。
実は、あたし、歳上の人って苦手なんです。関わったことがないからっていうのもあって。でも、同年代の男の子には期待できそうもないので、おじさまと会ってみることにしました。
おじさまは苦手なので、せめて外見だけでもダンディーな人を選びたいっていうことで、顔写真を送ってもらえるように、交渉してみました。すると、意外とみんな送って下さるものなんですね。中には、どうしても無理かなというような方もいましたが、一人、ものすごくさわやかな印象のおじさまがいたんです。なので、どうせ一緒に過ごすなら、イケメンの方がいいに決まってるということで、そのおじさまに絞ってメールとすることにしました。他のおじさま方、ごめんなさい。

イケメンのおじさまに、どんなところに連れて行ってくれるのか聞いてみました。
すると、「繁華街の飲み屋とかあんまり行かないでしょ?スナックとかキャバクラとか?行ってみたくない?」と返事が来ました。
確かに、あたし一人ではそんなお店に行くわけもなく、男友達もそんなお店に行く余裕なんてないはずなので、行く機会なんてありません。なんとなく楽しそうだと思ったあたしは、連れて行ってほしいとメールしちゃいました。
後で、知ったんですが、スナックとかキャバクラって女の子でも入れるんですね。あたしは女性出入り禁止くらいに思っていました(笑)

それで、8時くらいに待ち合わせしました。おじさまと駅前で約束です。青いポロシャツを着てると聞いてたので、回りを気にしながら、待っていると、現れました!
おじさま「サイトの子?」
あたし「そうです!」
おじさまは、日焼けしていて、なんだか芸能プロデューサーみたいなチャラい雰囲気でした。第一印象は、遊んでそうというイメージです。
おじさま「じゃあ、行くよ~着いてきて」
とおじさまは繁華街の方に歩き出しました。あたしはあわてて着いて行きました。
とあるビルに着いて、おじさまは上の階を指さし、「ここのスナックは色んなお客さんがいて、ママも優しいから楽しいよ」と言いました。
ドキドキしながら、着いていき、店のドアを開けると、普通の喫茶店みたいな感じのお店でした。
けっこうお客さんがいてにぎやかな雰囲気です。女性客と男性客は、半々といった感じでした。
おじさまはカウンター席に誘導してくれたので、カウンターのイスに座りました。
それから、ハイボールとおつまみを飲んで、テンションも上がり、カラオケを歌ったりと、大学生のあたしが知らない世界でとても興奮しました。
カウンター席だと他のお客さんとかママさんともおしゃべりできてとても楽しめました。

2時間ほどスナックで楽しんだあと、また来るとママさんと約束して、お店を後にしました。すると、おじさまは、「よし次はさらにディープな店に行こうか」と行って歩き出しました。
どこに行くんだろうと不安と期待でドキドキしました。
着いた店はなんと、ゲイバーでした。
「ここのママさんもかなり変わってて面白いよ」とおじさまは言いました。
ゲイバーなんて初体験です。というか、ゲイの方とお会いしたことがありませんでした。
怖いなあとおびえつつお店に入ってみると、オネエな雰囲気のママさんと店員さんが笑顔で出迎えてくれました。
おじさまは顔なじみのようで、「今日は彼女連れなの?」とママさんからからかわれていました。
初めて見るオネエの方々でしたが、怖いことはなく、とても親切にしてくれました。途中で、あるお客さんのお悩み相談みたいなことが始まったりして、すごく楽しかったです。
あと、話題が尽きてくると、ダンスやマジックなどで場を盛り上げてくれ、退屈することなく楽しめました。

こんなディープな遊び方を教えてくれるおじさまと出会えるなんて出会い系ならではの楽しみ方です。



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト