20代の企業家の男性と京都で会いました

13664484_480x360

京都に住んでいる今年で27歳になる出会いを求めている女です。

私は一度PCMAXをやめています。
試しに入ったものの続かずやめてしまったんです。
でももう一度だけ使ってみようと半年経って再び登録しなおしたのです。
他のサイトも使ってみましたが機能や出会える幅が私の求めるものとことなっていたのです。
その中で妥協して出会うのも私の中で嫌だったので、かえってくることにしました。

登録し直すと前と同じ画面が目の前に出てきました。
同じままだとちょっと、と思ったので今の状態へと変更しました。
PCMAXの場合には前のアカウントが復活するという形になるんです。
なので名前から写真にプロフィールなど全てにおいて細かく設定を変えました。
改めて仲良くできる人はいないかと思い、いろんな人にメッセージを送ってみました。
無視されたものもありますが大半は返ってきました。
時間を開けない様になるべく早めに返信することに努めました。
なんつうも続く人もじかなりいましたが面白みのない会話に続けることをやめてしまいました。
下ネタもなんつうもきましたが今の自分には必要がないと無視してしまいました。
そうして数ヶ月が立っていく中で私はある人に出会いました。
それは私はどうしても会ってみたい人だったんです。
20代で起業家であり、海外進出を考えている人でした。
なんでその年でそんなことができるのか、一体どういう人なのかやなぜこのサイトにいるのかなど聞きたいことは山ほどありました。
興味をもつと探求したくなるタイプの私は彼にあってくれないか、とメッセージを送りました。
彼はそんな簡単に人とは会わないと私と会うことを拒んでいました。
こういった反応をする男性は初めてだったので私はますます彼に対して興味を持ったんです。
なので、まずは彼とコミュニケーションをとることにしました。
返事が返って来るのには数日から1週間かかることもありました。
めげずに待つことにしました。
それでも彼のなかなか更新されない日記を読み返しながら、彼という人を知っていったんです。
あくる日彼からこんなメッセージが届きました。

「なんであなたはそんなに僕にばかり構うんですか?
他にもいろんな人がコメントしたりしてるのに。」
それは彼が私に対して多少なり興味を持ってくれたということでした。
「私はあなたの考え方や生き方に興味があるんです。もっと話を聞きたいんです。」
すぐさま返事を送りました。
「その気持ちに嘘はないようですね。」
彼とそんな会話をメッセージ上で行ったあと、来月私の住んでいる場所の近くにくるということを教えてくれました。
それはつまりあってくれるということを表していました。
なんとか時間を少しあけてくれたようで、そんなに長くはありませんがそれは決定しました。
会ったのは京都駅でした。新幹線でやってきた彼はキャスターを引きながらやってきました。
駅ナカにある料理屋さんに入り、話をすることにしました。
彼が学生時代の仲間とともにベンチャー企業を立ち上げたことや今までの経験を話してくれました。
それ以外にも今後やって行きたいことも話し、自分がやってこなかった遊びをしている人たちはどんな人なのかを知るためにPCMAXに登録したことも教えてくれました。
自分とは異なる意見や様々な人に触れることはとても大きなことで意味のあることなんだそうです。
仲間には秘密なようであったとしても言わないように口止めされました。

どんどん彼に興味を持った私はいてもたってもいられずに言いました。

「私でよければそういったお話をしますよ。
だから私にもなにか手伝わせてくれませんか?」

それから私は今までこういったことをしてきたということから男性と付き合った経験のことや
今してみたいと思っていることと、友達の経験のことを話しました。

彼は突然の申し出にとても驚いたようでした。
でもすぐに大きな声で笑ってからそれは面白い、と快く了承してくれたんです。
さっき言っていたことが本当ならもっともっと楽しいことになるよ、と彼は手帳を見ながら考えて付いてくるように言いました。
それから私は彼と一緒にそのあとに会う約束をしている人たちと会い、最近入った秘書ということで話を進めて行きました。
他の仲間の方とは数ヶ月間は会う機会はありませんが、そのときから私の毎日は変わったんです。
恋愛のような感じではないですが大事なパートナーとして一緒にいます。
もっと知りたいと思うんです。いてくれると安心するというのもそう感じる理由の一つです。
彼に勧められて今までの仕事をやめて私は彼の会社で働いています。
PCMAX上でも私はたくさんの人とコンタクトをとり話をしています。
変なコメントがあったといえば彼が相手に対して警告してくれています。
繋がっているツールの一つでありおかげで私は安心して使えています。
前回辞めた理由もそういった迷惑な方が私に対して嫌がらせをしていたことが原因です。
そういったことも話してはあるので守ってくれています。
彼も今までと変わらず続けています。
付き合う付き合わない関係なしに私たちは一緒にいて仕事もプライベートも同じ場所で過ごしているんです。それが嬉しいと感じるのです。
アルバムに私が様々な場所をあげると仲のいい人たちがコメントをくれます。
友達の意見は彼にとってとてもためになります。
なので彼もその様子をみて喜んでいるようでした。
本来の目的とはもしかすると違うのかもしれません。でもこのサイトのおかげで仲のいい人もできましたし、もっと知りたいと思う人にも出会うことができました。
これはある意味ほかのサイトとは違う強みでもあるのではないかと私は思うんです。
毎日決まった時間に投稿している日記もだいぶ溜まってきましたが書きたいことはつきません。こんなことは今までなかったです。
今いえることはまたここに戻ってきて良かったです。そうでなかったらここまでの大きなことを私は一生することはなかったんです。
今は彼のことを大事な人だと思っています。
それがいつ形になるかわかりませんがこれは恋愛感情も混ざっているのではないかと思うんです。なのでこの先もずっと彼と一緒にいられたらいいなと思います。
最近になってやっと周りにも合わせてくれるようになりました。
そうやら心配だったようです。それがどういった意味でなのかはご想像にお任せしたいと思います。
彼にも聞きましたがこんなことがPCMAXであるとは思っていなかったと言っていました。こういった
サイトの場合には出会いたいと思う男女や遊びたいと思う人が集まるからあんな冷たい返事をしたら返してくる人は他にはいないだろうということもあるようです。
それだけ私がかれにとってびっくりしてしまうような人だったということなんでしょう。
男性目線でみてもここのサイトは活気があって使いやすいんだそうです。
これもとっても魅力的であり私もそう思っています。
そうでなければほかのサイトをやめてまで戻ってきませんからね。
他のサイトで飽きてしまってもPCMAXはそんなことはなく続けていける気がします。



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト