28歳の公務員男性と中野で結ばれました。

13311316_218x291

私は25歳の東京の外れに住むOLです。

似たような毎日と結婚してゆく周りをみて、飽き飽きしつつ羨ましく思っています。
ただ結婚する前に遊びたいという思いをどこか捨て切れずにいました。
とくに女性は20代の今のうちだけしか相手にされないというのは、昔から嫌なくらいに聞かされていました。
自分でいうのもなんですが容姿も性格もそんなに悪くはありません。
強いて言うなら、普通よりいい方です。
なのでこのまま終わってしまうのもなんだか嫌だったんです。
実はこんな願望もありました。
遊ぶなら何人もと付き合うか、秘密の関係みたいなものにも挑戦してみたい。
俗世間では嫌がられるものですがそそられるものがあるんです。

そこで早速いいサイトはないか探して見ることにしました。
ネットの検索でランキングや口コミで評価が一番高かったPCMAXで探して見ることにしました。
様々なタイプの男女がいるとのことと出会えると言われていること、
セキュリティが高いシステムも高ポイントでした。
早速登録してプロフィールをより詳しく書いてみました。
探しているのはこういう人ということも、もちろん詳しくです。
するとすぐに10通を超えるメッセージが届きました。かなり際どいものもあれば一言だけのものもありました。
私が求める内容は興味を持つ人が多いけれど男女が出会うことは、少ないようです。
しかもその中でお互いの好みがありますからね。
そうして数日掛けて自分好みの何股も掛けたい人や浮気などに興味をもつちゃんと5人と話すことができました。

年齢も20代前半から30代半ばまで幅広く様々な経験においても、数はまちまちです。
でもその中に誠実な人からSっけのある人に体育会系とタイプもおおくしました。
お互いの希望は合致しているので誰もが遊びでの付き合いを了承してくれました。

そういう付き合いというのはフラットなもので、恋人ごっこのような形という感じが1番ちかいです。
私のメッセージには毎日のようにお誘いのメールや会いたいとか彼女より君の方がなんていう言葉で溢れていました。
相手によって私も少し態度を変えていました。
プライベートの友達には決して見せることのない部分です。

普段言わないようなことをガンガンいいました。
甘くて切なくてでもドキドキキュンとするようなことが毎日なんです。
私を求めて何人もの男性がメッセージをくれるのです。
なんとも言えないほど気持ちがよくてその感覚にハマってしまいました。
体の関係も持ちましたがそれも全員が全員ではなく、その中でも一部だけです。
自分がこの人とならと感情が高ぶったときにだけしていました。

それ以外に関しては手をつないだり抱き合ったりとそんな感じだったのです。
遊べるのは今のうちなので十分なほど遊びまくりました。
そんな生活を続けて半年が経った頃にその中の1人に「本気で好きになってしまったかもしれない。」と告げられました。
それは28歳の普段は高校教師をしている男性でした。悪い人ではないことは十分にわかっています。
とても悩みましたが何も言わないわけには行きません。
「私のことはわかってくれてると思う。何人とも私は今付き合っているのよ。それでもいいの?」
彼は何日も悩んだようですがそれでも一緒にいたいのだと私に言いました。
遊びだからこそ思い切れた私は彼との距離感に悩みました。
そのまま付き合いを続けても構わないけれど、それは彼にとってはつらいことなのだろうと思ったんです。
気持ちに沿うことができないのにあって今までと同じようにできるほど私はできた人間ではありません。
次第にその彼とだけは距離をとるようになりました。
彼は変わらずメッセージをくれました。
「忙しいならいいけど、体には気をつけて。」
悩みながらも私は選択することができなかったんです。
彼にたいする罪悪感からこのような気持ちになっているのか、それとも違う理由なのかもわからないからです。
不思議と他の男性たちとあって激しくキスをしたとしても、前ほど気持ちは盛り上がりませんでした。
どうしてもその彼のことが引っかかってしまうんです。
そのことに他の男性たちも徐々に気づいてきたようでした。
みんな口を揃えて「一旦休みにしよう。そんな状態じゃお互い楽しめないよ。」と私に言いました。
それはよく自分がわかっていたので、その言葉を受け入れました。
「わかった。ごめんなさい。少しだけ休みましょう。」
家に帰ってからよく考えてみました。そこで少しずつわかってきたのは私の中で彼の存在が変わっていたということだったんです。
そこで彼に連絡を私から取ることにしました。
「時間ができたの。会わない?」
彼はすぐに返事をくれました。
「良かった。もうあってくれないのかと思った。」
次の日に中野にある彼の家で会うことにしました。
行くまでドキドキが止まりませんでした。今までにないような気持ちです。
彼に会うといつもと変わらないように迎えてくれました。
そのときに気づきました。これは恋愛感情なんだということにです。
「前と同じように接するのは無理だよね。自分から言い出したこととはいえ、わかっているよ。ただやっぱり前より連絡くれないからさみしかった。笑」
顔は笑っていましたがどこかさみしそうな顔をしていました。
PCMAXのメッセージ機能をずっと使っていたとはいえ、その日にちをみれば連絡の頻度が減っているのもすぐわかります。
「うん。ごめんね。」
「最近みんなから元気がないみたいだけど、何か知ってる?って聞かれてたから知ってたよ。だからさ、今日で会うのやめようか。悲しませたかったわけじゃないんだ。」
彼からの言葉にはっとしました。
男性同士でもみんな連絡を取り合っていたんです。私の知らないところでみんなでメッセージやアルバムなどで考えていたんだそうです。

「あのね、違うの。私気づいたの。あなたは大事な人だって。だからもう会わないなんてそんなことお願いだから言わないで。」
あのときの驚いた彼の顔と私自身のことは今でも忘れられません。
それが私自身の本心だったんです。
そのあと彼にぎゅっと強く抱きしめられてベッドに入りました。
こんなに優しくて温かい人だったんだと、私は大事にされているんだとわかりました。
「大好き。」そうつぶやいていました。
あれから数ヶ月経って私たちは子供を授かりました。
PCMAXで出会った出会い形はいいものではありません。それはよくわかっています。遊びのつもりで始まったのがいつの間にか本気の恋愛に変わっていたんです。
そのことも全て私は自分の日記に書きました。
了承してくれていた遊び仲間の男の子たちも祝福してくれました。
良き相談相手でもあります。みんな顔を知っているので、変なことになることはもうありません。
PCMAXはどんな出会いでも自分次第で可能な場所であるのだと思います。
遊び相手も本気の相手も不倫や浮気に興味がある人たちもいます。
けど、それにはちゃんと理由があるんです。
私はPCMAXをとっても大事な場所だと思っています。



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト