出会いのない職場を変えてくれたPCMAXでの出会いとセックス

上目遣いフェラ

毎日の残業で身体と心も疲れ果て誰かに癒してもらう事もなく日々過ごし楽しみと言ったら夜寝る前の一人遊び。
事が終わると無性に虚しくなる繰り返し。
自動車整備工場で勤めて10年。
職場に女の子がたくさんいれば出会いの一つや二つや色恋もできたりと、こんな悶々とする事はないのに周りにいるのは油にまみれた男どものみ。
ここ数年意外とモテてた青春期の事を思い出してはニヤついてる俺。
結婚している上司や彼女がいる同僚でもいればまだ未来を感じれるが皆無に等しい若い頃のようなドキドキ感やお店の子じゃない女の子の肌の温もりなんてもう味わえないんだろうなと半ば諦めかけ過ごしていたある日一人の中年男が中途採用されてきた。
こんな言い方失礼だが見るからに終わってんなという見た目。
教育係に任命され仕事を教えてる最中、その男がボールペンを落とし、それを拾う際シャツの隙間から無数のアザみたいのが見えオレは、とっさに目を逸らした。
そのまま仕事を教えて昼休憩の時間になり一緒に食堂に入った。
さっきのアザが気になっていたが聞いて良いかも分からなかったがオブラートにしながら恐る恐る聞いてみた。
「Aさん、、失礼かもしれないけど、さっきボールペン落とした時アザ見ちゃったけどアレルギーとか何か肌弱かったりするの?」すると男は「え、、?見られちゃいました??へへへ」とニタニタしだした。
意味がわからなく暫く黙っていると男の方から「実はキスマークなんですよ」と打ち明けてきた。
オレは男に「Aさん結婚とかしてるの!?」と聞くと「してないですよー!いや最近出会った子が激しくてね」とオレは男が言っている事が理解できないでいると「出会えるサイトのPCMAXって知ってます?そこで出会った女の子ですよ!この子で4人目なんですけどすごく求めてくるから中々、寝かしてもらえなくて実は今日も寝ずで出勤してきてるんです。
」と言い女の子の画像を見せてきた。
20代前半ぐらいのオレ好みの可愛い女の子で「今日も会うんですよ!なんかもう早く欲しいみたいで」もう何がなんだか分からない状況の中、一つだけ確実に言えるのは、この男は人生をオレの数百倍は楽しんでいる事。
そのサイトを利用して女の子が途切れた事がないとの事だからまさにハーレム状態。
羨ましすぎる。
すぐにでもサイトにアクセスしたいが本当に大丈夫なのかと不安がよぎる、そんなオレを察してか、「このサイトはセキュリティ面やサポート面でも充実しててさぁ!しかも可愛い子ぞろい」とオレに後押しをしてきた。
オレの頭の中はもう、不埒な妄想でいっぱいになり今にも暴発しそうな息子を止めるのに必死だった。
冷静を装いその場を後にしトイレに駆け込みサイトにアクセスし登録!!プロフィール検索で気に入った子を発見!!はやる気持ちを抑えながらメッセージを投稿。
休憩時間が終わってしまい職場に戻ったが返信があったか気になりすぎて仕事にならず。
中休憩になりトイレに駆け込みスマホチェック!!、、、が返信は来ておらず浮かれていた自分が惨めになった。
そして今日も残業。
あの男は新人という事もあり定時に帰宅。
今頃、イチャつきまくってるんだろうなと思い切なくなってきた。
家に帰りスマホを開けると何とメッセージがきていた!メッセージには「返信遅れてごめんなさい!今まで仕事していて終わってスマホ開けたらメッセージが来てて。これ読まれたらまたメッセージ下さい」このメッセージを見て今までの疲れやストレスが吹っ飛んだ!返信が来るだけでこれだけ嬉しいとは思ってもなかった!起きてたらいいなと願いをこめて返信をした「プロフィール拝見しました!近場だし美咲ちゃんの事、好みのタイプだから一度会いませんか??」全く文章のセンスがなくヤりたい気持ちだけが前に出まくっていたのだが、すぐ返信が返ってきた「本当!?うれしい!!そんな事言われたら照れちゃうじゃん!美咲で良かったら会って下さい!」こんなに上手くいっていいものなのか不安もあったが会える喜びの方が優っていた。
会う日取りを決めついに念願の日やってきた。
果たして来てくれるんだろうかとか変なチンピラが来るんじゃないかとか色々思う事もあり約束の時間の30分も前に到着してしまった。
女の子とデートなんて10年以上もしてないから落ち着きが無くその場をウロウロしてたら後ろから「あのぅ雅也さんですか?」と聞こえたので慌てて振り向いたら、そこにはプロフィール通りの、、、いやプロフィール以上の可愛らしい女の子、美咲ちゃんがいた。
オレはあまりの可愛さに言葉を失いドギマギしてたら「あはは雅也さん、カワイイ!!」10歳も年下の女の子にカワイイと言われるのも悪くないなと思った。
風俗とかでもそうだけど大抵パネルと実物って違う事多いけど美咲ちゃんに関しては画像以上に可愛かった!心臓が張り裂けそうな中、中華料理が食べたいとの事だったのでオレのよく行く気自慢の店に連れて行った。
料理が届くと美咲ちゃんが皿によそってくれた。
オレはもうそれだけで幸せすぎたのだが美咲ちゃんが着てる服が胸元が少し開いていて胸の谷間がチラチラ見えるんだ。
多分、美咲ちゃんは意識してないと思うがオレの頭はエッチな事ですぐいっぱいになっていた。
2時間程食事を堪能し、その頃にはオレも緊張はほぐれ妄想も治り楽しく会話をしていた。
この後の予定をどうしたいか美咲ちゃんに聞くと「雅也さんはどこに行きたい??」と聞き返してきた。
オレは一か八か「う〜ん、2人っきりになれるとこかなぁ??」と勝負に出てみた。
「例えばどこなのぉ??言ってみてぇ」とオレの袖を掴んで甘えるような声で言ってきたので意を決して「じゃあホテルいこっか!?よし!行こう!」とおどけた感じで言ってみたら「あはは!ほんっと雅也くんってカワイイねっ!!うんっ!いこっ!」お酒も少し入ってた事もあり店をでてからホテルに向かう際、腕に胸をギュッと押し付けるぐらい密着して歩いた。
部屋に入るなり美咲ちゃんの方からディープキス。
いやらしい音を立てながら上から下まで丁寧に愛撫あまりにも気持ち良すぎて口の中でイッてしまいそうだったので「待った!待った!」と止めると「イッていいよ、、またイカしてあげるから」そんな美咲ちゃんの口に大量に出したのだが咥え続けたまますべてキレイに絞りとってくれ「もっといっぱいちょうだい」とおねだりをしてくる始末。
そんな姿を見てオレの理性も吹っ飛び猛獣のように美咲ちゃんの身体をむさぼった。
程よくピンクがかった乳首を舌先で頂き美咲ちゃんの下半身に指を入れ激しく搔きまわす「あ、、あんっ!すご、、いっ!!あっん!」「イキそう、、ねっ?イッていい!?あんっイクっ!!」美咲ちゃんは愛液でいっぱいに満たされたベッドの上で痙攣してる。
そこに間髪入れずオレの息子を挿入。
締め付けがすごくてオレもすぐイッてしまいそうになる、「あっあっ!あん、いいよ、何回も美咲の中でイッて!」何回美咲ちゃんの中でイッただろう。
美咲ちゃんはまだイキたらず騎乗位になり何度も果てていた。
事が終わりベッドで抱き合ってイチャつきながら話をした。
会った瞬間からオレの事意識していたと言ってくれ「ごはん食べてる時から雅也くんにギュッてしてもらいたかった」と、めちゃ嬉しすぎる事言ってくれる。
そしてまた3回戦、4回戦と続きをし結局ホテルに泊まって、たっぷり堪能しました!ちなみに今でもラブラブです!!このサイトに出会うまで本当、自暴自棄になってた。
つまらない人生が変わるキッカケを作ってくれた中途採用のの男性に感謝したいです。
ちなみにその男は今また別の女の子と営んでいるとの事です。



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト