毎日オナニーしている欲求不満な熟女とのセックス

人妻の美乳

出会い系サイトで知り合った「熟女」とは「PCMAX」というサイトで知り合いました。
このサイトは会員数も多く安心して利用出来ました。
私は、最初から熟女狙いで掲示板を見てました。
やはり、多くの女性が登録されており、熟女も選び放題でした。
そこから、プロフィールを見て気が合いそうな女性を数人ピックアップして、数人に申し込みました。
5人中、唯一、私好みの女性から返事がきて、早速、会う約束を取りつけました。
メールでのやり取りの際には、会うことに対して乗り気だったのですが、実際に会うとなると引け目を感じたのか、中々、会うことが出来ませんでした。
最初の印象とは少し違ったイメージでした。
何度かメール交換をしているうちに、相手に旦那様がいることが判明しました。
結局、旦那様のことが気になり会うことに引け目を感じていたそうです。
最初の頃のメールは、何気ない日常の内容だったんですが、馴れてくるうちに、段々と大胆になっていき、彼女の方から「もう2年もセックスレス」であるとか、「最近、身体が疼く」であるとか、いかにも私を誘ってきている内容でした。
流石に、これはヤレルと思い、積極的にお誘いしてみましたが、旦那様が気になるようで、中々、良い返事が来ませんでした。
それでも、私の大好物の熟女に加え人妻であることに関して、諦めきれずに他愛のないメールや1日あった出来事やたまにエロスな内容を送り続け、とにかく私を意識付けさせました。
いわゆる、洗脳みたいに。
当然、「あなたに会ってみたい」「会って話しがしてみたい」などと繰り返しメールを送ってみました。
最初の、連絡から1ヶ月がたちやっと彼女の方から「会ってみたい」と連絡がきて、メールが来た翌日には会う約束を取りつけました。
実際に会ってみるとイメージ通りで、私より少し年上かなと感じましたが、ドストライクでした。
着ている洋服も、胸元が開いており少しタイトな洋服で滅茶苦茶私の好みの女性でした。
そこから俄然やる気になり、直ぐに居酒屋へと向かいました。
会った時間が遅かったのであまり時間を掛けれそうになく、さっさと食事を注文して他愛もない会話を楽しんでいました。
お酒を飲んで彼女もリラックスしたのか、旦那様とのセックスレスに対しての不満話しや、旦那様以外とのセックスについての話しが止まらず、まさしく熟女のエロス全快のエロ話になってました。
特に、彼女の好きな体位であったり、費やす時間など男に対する要望がズラリと並んでました。
最近は、レスのために自慰行為する機会が多いらしく、好みの大人のオモチャや日用品での自慰行為など、熟女爆発寸前というほどの会話が続いてました。
基本的に性行為が好きみたいで、毎日でもしたいとの事でした。
居酒屋での話しも終盤になったことやお酒の量も増えたことなので、私の方から「そろそろホテルに行きませんか?」と言ったところ彼女も軽くうなずいたので、近くのホテルへ向かいました。
ホテルに到着し、部屋でも少しお酒を飲んだ後に、二人でお風呂に入りました。
彼女の希望で部屋と浴室は少し暗めに設定して、雰囲気も楽しみました。
実際に浴室に入り、彼女の身体をマジマジとみると、身体のラインが凄くキレイでした。
脚についても、まさに美脚としか言いようがないくらい最高でした。
また、肌触りもよく肌の色も白く、完璧としか言いようがないくらいキレイでした。
そして、お互いの身体を洗い合いました。
彼女の身体は凄く敏感で、身体のあらゆるところが感じるみたいで、それを見ているだけでも興奮状態になりました。
また、喘ぎ声も少しハスキーでまさに熟女って感じたまりませんでした。
彼女も話しの通り、かなりご無沙汰だったみたいで、さっきまで居酒屋にいた女性とは別人となっており、本当に野獣化となっていました。
女性も極限状態になると、こんなに変わるものなのかと、正直びっくりしましたが、その変わり果てた姿が色っぽく艶っぽくなんとも初めて衝撃を受けた感覚になりました。
彼女も男性器が久しぶりだったらしく、最初は触るだけでしたが、何度も口にくわえてました。
何度も何度も喉の奥までシャブリ続け、思わず口の中で果ててしまいました。
それでも彼女は、満足だったようですが、私もこんな女性は相手にしたことがなく、直ぐに2回戦に挑みました。
2回戦は、当然ベッドでやりました。
ベッドの上の彼女は、私を興奮させようと自慰行為をみせつけるなど、お風呂で乱れていたままの彼女がいました。
私も負けじと彼女の要望に応えるべく、お望みの体位や、オモチャを使ってやりました。
流石、毎日自慰行為をしているだけあってかなりタフで、あったことや濡れ具合が半端なかったです。
私も2回戦ということもあり、少し疲れそうになりましたが、彼女の興奮状態を見続けるのが、私の興奮状態に繋がり、極限状態での性行為となりました。
結局、彼女を逝かしたあと、私も果ててしまいました。
逝った彼女の顔も色っぽく、結局、一夜を過ごしてしまいました。
その後も、定期的に会っています、



こちらの記事は実際の利用者にお願いして書いていただいたものです。


↓管理人がなぜPCMAXをおすすめするのか、なぜこんなに体験談があるのか解説しました↓
↓PCMAX公式サイトがおすすめする理由や手順を解説しています↓ アフィリエイト